無料ブログはココログ

2016年9月12日 (月)

初ブラ5…

ワタクシ先日、ブラザーズ5のライブデビューいたしました〜♬



そうなのです、初めてでした(^^;;

ブラ5の始動が私の妊娠から出産期と重なり、
その後も子育てがスタートしたために、
なかなか生のステージを観に行ける機会が無かったのです。
もちろん映画「ふしぎな岬の物語」やTV番組では
皆さんのお姿を拝見しておりましたし、
楽曲もアフパラ内で何度となく拝聴しておりましたが。

ですから、ようやく、念願叶って、めでたく?!
この度伺うことが出来たわけです。


さて、ウワサには聴いておりましたが…
とっても楽しいライブでした(^-^)
皆さんの個性が豊かで。

そして改めてすごいなーと。
皆さんそれぞれにヒット曲があって。
何十年と歌い続けてこられて。
“末っ子”の因幡さんで、41年ですから。

メンバーの皆さんはもちろんのこと、ファンの皆さんを含めての
“10年や20年じゃ分からない安心感や一体感がある”
とMCでお話されてましたが、
10年や20年なんてほんとヒヨッコですね。笑


そして初めてと言えば、今回が初コットンクラブでした。
全体の造りやスタッフの方の振る舞い、
ステージとの距離感や大きさも別の意味で贅沢で、
素敵なライブハウスでした☆

実は近々、ここで、私も…歌…いません(^◇^;)
が、お仕事の予定が☆
楽しみです〜♬


ブラ5の皆さんは、様々なスタイルでコンサートを行っていますので、
また別のステージも是非拝見したいなと思いました(^-^)


何はともあれ久々に、めまぐるしい日常から離れ、
ラグジュアリータイムを過ごすことが出来て、嬉しかったです♬
ありがとうございました〜(≧∇≦)

2016年9月 4日 (日)

終わりは始まり…

本日の「宮本文昭の音楽、雑学、人生楽」を聴いてくださった皆さま、
ありがとうございましたm(__)m

放送でお伝えした通り、今月いっぱいで
番組は終了することになりました。

2011年4月にスタート。
このご時世、番組を続けることはとても大変なことなのですが、
聴いてくださる皆さまに支えられて、5年半続けることが出来ました。
心から感謝いたします。


お気付きとは思いますが、人生楽は収録番組で、
初めての収録をしたその二日後に、東日本大震災が発生しました。

番組では東北のオーケストラの方に電話で被災地の様子をお聞きしたり、
私たち自身も防災について考えたりしました。
そしてまた、音楽の力を感じたりもしました。

それまで宮本さんが担当されていたクラシック専門番組とは違った
門戸の広い番組を目指してスタートしたわけですが、
震災直後という状況下で、単なる音楽番組ではなく、
ラジオで宮本さんとお届けする番組の意味が
より顕著になったかもしれません。

とは言え、クラシックのみならず本当に様々なジャンルの音楽に
親しんでこられた宮本さんの視点でお聴きする音楽話は、
とてもとても興味深くて面白く、勉強になることばかりでした。

私にとっては、宮本文昭さんという音楽界の大御所と
ご一緒させていただける、それ自体がもうすごいことだったのですが、
こんなに長くご一緒させていただけるとは正直思っていなかったので、
とても幸せに感じています。


宮本さんのことはもちろんご一緒する前から存じ上げていました。
あ、一方的にですけれど、もちろん。

特に印象に残っているのが、もう随分前になりますが、
宮本さんがオーボエ奏者を引退される直前に、
「あんたの夢、叶えたろか」とかそんなタイトルだったと思います、
さんまさんがMCをされていたお正月特番で、
ランダムに各地で年始の夢を聞き歩き、その中のいくつかを
番組で叶えてあげるという、まさに夢のような番組に、
宮本さんが“叶えてあげる側”として出演されたんですね。

吹奏楽部でオーボエを吹いているという、ある女子高生の夢は
“憧れの宮本さんと共演したい”というもの。

番組では、その女子高生の夢が選ばれて、
女子高生が宮本さんの元を訪ね、少しのレッスンを受けてから本番、
見事、夢を叶えられたのでした。

特番なので2〜3時間はあったと思います。
私は一視聴者として、お正月に呑気に拝見しておりました。
いくつか選ばれた夢の中でも、やけにその夢が印象的で、
女子高生が感激する表情を、今でもよく覚えています。

その時の宮本さんの対応がとても気さくで温かくて、そして真面目で、
あぁ素敵な方だなぁ、とぼんやり思ったのでした。

宮本さんとご一緒するようになってわりとすぐ
そのことをお話したら、宮本さんもよく覚えてらして、
あの女子高生はその後どうしたかな〜とひと時盛り上がったのでした。


番組を始めてからは、本当に学ぶことばかりで。
リニューアル前の番組で、宮本さんがオーケストラに関わる
様々な職業についてお話してくださるコーナーがありまして、
中でも一番か二番目に取り上げたのが“ステージマネージャー”でした。

ド素人の私は、恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、
オーケストラにおける非常に重要なポジションであることを知り、
そのプロフェッショナルっぷりに感嘆したものですが、
今年になって現役“ステマネ”さんとお仕事をご一緒する機会があり、
宮本さんから教えていただいていたことで
その方たちとの会話に花が咲いたのでした。

ステマネさんは日本国内で現在100人もいないほどの職業。
なんとも貴重な存在な訳で、それを聞いて、
その方にお会いしたことにまた感動を覚えたのでした。


途中、内容のリニューアルをしながら5年半。
その間、宮本さんが東京シティフィルハーモニック管弦楽団の
音楽監督を務められ、また退任されたり、
私はプライベートで出産という貴重な体験をしたり、
それぞれが変化、進化しながらの5年半だったと思います。
リスナーの皆さまにもきっとそれぞれ変化があったことと思います。

そういう中で宮本さんやスタッフはじめ、様々な方と、
一つの番組を通して時間を共有出来たことは、本当に嬉しい限りです。


まだまだやりたかった企画もありますが…番組は残すところあと3回。
前述した通り諸般の事情で最終回に、例えば
お便りを通じてリスナーの皆さまとキャッチボールすることは
残念ながら出来ませんので…

もし何か、最後に物申しておきたい!ということがあれば、
お早めに、もう今すぐにでも、是非お送りください(≧∇≦)

そしてもちろん、物申したいことがなくとも、
あと残り3回の番組に、是非是非是非、お付き合いください。
最後まで、“人生を楽しむ”、そのコンセプト通り、
私たちらしく楽しくお届けします!



終わる…と言えば、こち亀も終了だそうですね。
ちょうどこの週末は私、亀有でお仕事しておりました。



「おめでたい時にサッと終わるのがいい」
そんなことを作者の秋本さんはおっしゃったそうですが、
とてもとても40年には敵わず、同じように考えるのはおこがましいし、
特段おめでたい時ではないのですけれど…

始まりがあれば必ず終わりがあり、
何かが終わるということは、また何かが始まる
ということだと思いますので、引き際はキレイに、
また新しいステージを楽しみに、前に進んでいきたいと思います。

2016年9月 2日 (金)

クツのお話…

気が付いたら8月終わってました。。。
かなしい〜T^T

友人たちからの各地のお土産や写メに、私も“気分だけ”夏休みを味わい…

新しい月を迎えた昨日は、新たな一歩のための勉強を。

どんな素晴らしい世界が見えるのか、はたまたどんな困難があるのか、
私には分かりませんが、ただ色々なことを信じて、前に進むのみです。

公私で様々なことを経験して、もちろんそれだけ年齢を重ねた
ということもあるけれど、世の中の酸いも甘いも、
栄光も挫折も、喜びも悲しみも味わってきた今の私には、
わりに怖いものはありません。笑

まだ、頑張れると思います。はい。


さて今日もアフパラにお付き合いいただき、ありがとうございました!

アナタの靴自慢…身近なモノがテーマだったからか、
予想以上にたくさんのメッセージをいただきました。
皆さま、ありがとうございます!!


私が最近新調したというレインブーツ。



の箱w

この“B”がレインブーツ自体にもデザインされてて
少しインパクトがあるのですが、何せ足へのフィット感が心地いいし、
口の部分はキュッと絞れるし、折りたたんで持ち運びが出来て…
とすごく歩きやすくて機能的。

私は友人に何年も前から勧められていながら、
ようやく買い替えたのですが、これは人気があるのも納得です。

時々このレインブーツを履いた人とすれ違ったりすると、
“あ、おんなじBね”なんてちょっと親近感が湧いたりしてw

大切に使おうと思います(^-^)


さ、そして明後日4日(日)は「宮本文昭の音楽、雑学、人生楽」です。

いつも聴いてくださっている皆さまも、
最近聴けていなかったという皆さまも、
明後日は是非是非お付き合いください。

よろしくお願いいたします!!

2016年8月23日 (火)

そしてパラリンピックへ…

日本人選手のメダルラッシュに沸いたリオオリンピックも幕を降ろし、
いよいよ日本時間の来月8日には、リオパラリンピックが開幕します。

オリンピックでの日本選手の活躍の波に乗って、
こちらも期待が高まりますが…


先日、パラサイクリングの日本代表として出場する、
石井雅史選手と鹿沼由理恵選手を囲んで、
仲間内で壮行会を行いました。

石井選手は、北京パラリンピックで金、銀、銅メダルを獲得、
ロンドン大会に続き、3大会連続でのパラリンピック出場です。

鹿沼選手は、クロスカントリーからパラサイクリングへ転向後
わずか2年で世界選手権優勝、
今回、パラサイクリングでのパラリンピック初出場です。


今大会を、自身の集大成とも位置づけている石井選手。
完璧な状態で臨めた北京、その後選手権での落車事故で
12本を折る大怪我を乗り越えなんとか間に合わせたというロンドン、
そして今回、北京での自身の記録を超えることを目標に調整してきた、
とのこと。
お話ぶりからもとても調子が良さそうでしたし、
これまでのこと全てをぶつけて、思いきり走って欲しいなと思います。

鹿沼選手は、信頼のおけるパイロット・田中まい選手と共に、
メダル獲得を目指しています。
出場する複数種目のうち、かなり具体的に照準を合わせて
調整をされているようで、鹿沼選手も調子の良さが伝わってきました。


特に石井選手は家族ぐるみで仲良くさせていただいて、
同年代ということもあり、世界を舞台に活躍する姿、
常に前を向いて挑戦し続ける姿には、
いつも大きな勇気をもらっています。

今回も皆で国旗に寄せ書きをして、それぞれ両選手にお渡ししました。
地球の裏側、とっても遠いですが、日本から声を張り上げてw、
全力で応援したいと思いますo(^_^)o



今大会は地上波での生中継が多く行なわれる予定です☆
パラサイクリングは開会式の翌日、日本時間9日から
競技がスタートします!

2016年8月21日 (日)

17歳…

今週もアフパラ、そして人生楽にお付き合いくださった皆さま、
ありがとうございましたm(__)m


アフパラの放送でもちらっとお話しましたが…



うふふ( ^ω^ )

因幡さんとマネージャーさんからのプレゼント♬
中身は秘密w
ほんっと、ありがとうございます!!!

さすがだね アップフロント さすがだね www


金曜日はルンルンで生放送を終え、さらにもう一仕事してから、
栃木は宇都宮入り。

もとい、宇都宮の前に、マッサージを挟む(#^.^#)

後からお隣にいらした女性は、なにやら札幌からの出張とのこと。
みんな、合間合間、隙間隙間を使って、こういうとこ来てるのねw


そして昨日は、エレクトーンを学ぶ小学生以上の生徒さんを対象にした
コンクールの司会をさせていただきました。

今回は下は小学2年生から、上は高校2年生まで。
高2ともなると、それはそれは聞き応えがあります。
なんていうか、この年代ならではの自信に満ち溢れていて、
希望というオーラを身に纏ってまばゆいほどで。

私は過去に戻れるとしたら、17歳に戻りたいと前からずっと思っていて、
それは今も変わりません。
上に書いたような自信や希望、私の場合のそれは、
現実の厳しさや自分の身の程を知らないからこそということも
あったとは思うのですが、本当に色々な物事に憧れを抱いていて、
全てが楽しかった時期で。
もちろん実際の友人たちと過ごす時間もものすごく楽しくて。
もうまさに青春という感じで。

そんな17歳の頃をぼんやり思い出しながら、
演奏する生徒さんの姿に、少し羨ましくも感じたのでした。

そしてよく考えたら17歳って、実年齢の半分以下
っていうことにも驚きで( ̄ー ̄)わぁ…

うん、でもまだ、頑張る。
よし。


今回は時間がなさ過ぎて餃子を一欠片も食べられなかったT^T



新幹線でレモン牛乳飲みながら、帰りましたw

«アテンションプリーズ…