無料ブログはココログ

2017年6月10日 (土)

映画「光」…

先月開催されたカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品、
エキュメニカル審査員賞を受賞した映画「光」。

河瀬直美監督の作品はなんだかんだでよく観ていて、
産後初めて一人で映画館で観た映画が、一昨年公開の「あん」。
そして、それ以来で一人で映画館で観た映画が、今回の「光」でした。

もちろん試写会に行かせていただいたり、DVD借りたり、
映画自体は観てるんですけど。
圧倒的に以前に比べて、年間鑑賞数は減ってしまったなー
でもなんとなく、今年から少しずつ戻していけそうな気もしています。


もとい「光」。

視力を失いつつあるカメラマンと、
映画の音声ガイド制作に携わる女性を中心に、物語は進んでいきます。


ガイドの仮入れのシーンでは、こういう音声の入れ方、読み方なのかぁ
なんてぼんやり思っていたのですが、
ってちょっと職業病ですね…そういうところが気になってしまう(^^;;
でも、いよいよクライマックスの本編では、
本当に素晴らしい音声ガイドが入っていて、私も目を閉じて聴きました。
そうしたくなったんです。
映画を観ないなんて…もったいない??
いやいや、ちゃんと“音”で観させてもらいましたから(^-^)


実は少し前まで、友人の会社のお手伝いで、
書籍の中の挿絵を文章化するお仕事をしていました。
その本を目の不自由な方にも読んでもらうために、
文はもちろん、全ての内容を音声化するもので、
その読み上げる文章を作成するお仕事、だったんですね。

挿絵、つまりイラストや図、表などの情報を、あくまでシンプルに、
でも内容が分かるように文章にする。
そこに主観は当然必要なくて、事実を述べる。
でも想像出来るように。

慣れるまではなかなか難しい作業でしたが、とても勉強になりました。


映画「光」には、実際に盲の方が出演されていて、
目が見えない人たちがどんな風に映画を“観る”か、“感じる”か、“愉しむ”か、
というお話をされます。
それはきっとシナリオではなく、その方の率直な言葉だったと思うんですね。
心に強く残ったシーンでした。


ただいま絶賛公開中ですので、あまり多くは語りませんが…
ラストシーンもとても素敵でした。

観てからもう数日経ってますが、まだまだじわじわしてます(≧∇≦)


2017年6月 1日 (木)

ミュシャ展…

もうすぐ終了しますが…
行ってきました。やっと。

すごーく、混んでいた>_<
美術館入るのにこんなに並んだの、初めてかも。
入場までに80分待ちでした(^^;;

実は正直に言うと当初そんなに注目していたわけではなかったのですが…
メディアでも取り上げられ話題になっていたし、
3月にスタートした時から、母からお誘いを受けていて(笑)
やっと。

でも、行って良かった。
それにこんなに人が殺到しているなんてね(≧∀≦)


今回の目玉は何と言っても、幻の超大作と呼ばれる「スラブ叙事詩」。
一辺4m超えのキャンバスに描かれた、20点の作品群です。
普段所蔵されているチェコ国外に出展されるのは、今回初。

そのサイズと数だけで、もう圧巻です。
主催者が何を観てほしくて、観覧者が何を観たいのか、
はっきりとした意図の元に、展示経路も組まれていました。


何かに人生を捧げることは、とても勇気のいること。
特に、それが祖国であったり、民族であったり、
大きくなればなるほど強く明確な意志が必要です。

会場の冒頭には、
「いかなる国の未来も、
その国が歩んできた過去と歴史を知ることにかかっていることを、
画家は確信していた」
と書かれていました。

スラブ民族の、波乱だけれども事実である歴史の“目撃者”に、
気づけば私たちはなっているのでした。

16年の歳月をかけて制作された20の作品。
そのほとんどに描かれている、印象的な「目」。
迫ってくるような、訴えるような、その力強い目は、
その歴史から目を背けることなく、平和を願い続けるという、
ミュシャ自身の目でもあるのかもしれません。



最近は展示作品の一部を撮影可能にする美術展も増えましたね。

ミュシャ展は来週月曜日、5日までです。




そして今回は、国立新美術館開館10周年の記念展でもあります。

もう10年ですか。
私は10年前、杮落しのイベントに行っています。
海外自動車メーカーの新車発表会という、
美術ではないイベントの会場として使用され、
その館内はとてもスタイリッシュで近未来的で、
美術館の新たなイメージを感じたものです。

映画「カーズ2」で、国立新美術館をモデルにしたシーンがあるのですが、
もうまさにその時のイベント会場そのものという感じで、
映画を観た時にとても興奮したのでした(^-^)

2017年5月18日 (木)

そごう横浜ハワイアンフェスティバル…

そごう横浜店で開催していた「ハワイアンフェスティバル」。
今年も7日間にわたり、フラステージや
たくさんのショップでお楽しみいただきました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!!


楽しかったなー、私も(๑>◡<๑)

正直、お仕事内容としてはとても大変なのですが…
ご一緒するのは初めてのスタッフさんも、他で色々繋がりがあったりで、
いろんなお話をしながら、一緒に楽しんで乗り切ろうみたいな連帯感もあり、
そういう意味では、とても良い現場。


そしてワタクシ、なんだか去年よりも商魂が疼いてしまったようで?!
頑張りましたp(^_^)q

ステキな商品をたくさんご紹介して、
手に取ってくださった方の生活に彩りが添えられる。
良いお仕事だ。うむ。
お店の方ともいろんな話が出来て勉強になったし、楽しかった。
ありがとうございました!!


ちょうど夫が地方へ行っていて、一人でうまくやれるか不安もあったけど、
まぁなんとかなったし、何より娘が頑張ってくれました。
ホントにおねえさんになったなぁ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


色々と思うことのあった一週間。
色々と見直すことのできた一週間。
感謝、感謝。


そしてやっぱりハワイが好きだ!!

よしハワイに行くぞー
頑張ろ(≧∇≦)


全てのお仕事終了後、疲れを癒してくれたのがこちら↓



頭ちょっと食べちゃった後ですが…(^^;;

ハワイのお土産と言えば、の
HawaiianHostのマカデミアナッツチョコレート♬
なんとそのままソフトクリームになったとさ(๑˃̵ᴗ˂̵)

初日にいただいて、その美味しさに思わず足をバタバタさせたのは、
このワタクシです(〃ω〃)

まだ日本でしか食べることが出来ません。
これからハワイに進出予定…大流行しちゃうかも…

2017年5月10日 (水)

横浜へ…

明日から17日までの一週間、横浜そごうで開催される
「ハワイアンフェスティバル」でMCをいたします(๑・̑◡・̑๑)

ステージでは毎日、フラのチームをお迎えしてのショーをお届けします。
今年出演するハラウは、全38グループ。
2日目にはライブもありますので、併せてお楽しみください♬

昨年に引き続き担当させていただきますが、
今年はどんなお店が出店しているかも、楽しみです(*^ω^*)

横浜そごう8階の催事場へ、是非遊びにいらしてください☆


横浜と言えば…

先日初めて、アンパンマンミュージアムへ行ってきました(*≧∀≦*)



まさかここに足を踏み入れる日がやって来るとは…
しかも迷いなくカメラを構え(もちろん中心は娘w)、
一緒に歌ったり振りを踊ったりしている自分…

数年前には想像だにしませんでした(^^;;

随所に工夫がされてて(当然だけど)、飽きさせないし、
必要以上に何か買ったり食べたりしたくなるし、さすがだなぁと。
↑テーマパークあるあるw

楽しかったです!親も子も大満足。
帰りに間違えて首都高に乗った以外は(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

2017年5月 7日 (日)

七五三…

まもなく3歳になる娘。
少し早いのですが、先日、七五三の前撮りをしてまいりました(*^o^*)

最近は前撮りなんてするんですって、七五三も。
周りの友人たちから、日焼けする夏前に撮った方がいいとか
散々情報が入ってきていまして、年明けからリサーチはしていたのですが、
でも色々考えていたらちょっと面倒臭くなったりしてf^_^;
決めかねていたところ…

ヘアサロンを経営している友人から、
友人の5歳になる息子さんと一緒にうちの娘をモデルに、
お店のPR用に写真を使用してくださるというお話をいただき(๑>◡<๑)
急遽、スケジュール調整をして撮影することになったのでした。


ついでに家族写真も(これはもちろんお支払いして…)
撮っていただけるとのことで、それならば!と、
私も気合いを入れてお着物を着ました( ^ω^ )



今回娘が着せていただいた黄色のお着物にも合うよう、
クリーム色の訪問着を。
差し色に、グリーンの帯を合わせました。

実家の箪笥に眠っているお着物を引っ張り出してみると、
色々ありまして、色留袖や小紋もそれぞれ素敵だったのですが、
和装の準礼装で七五三などには丁度いいという訪問着にしました。

蝶々が可愛らしいデザインでして、実家の母からは
「早くしないと、年齢的に着られなくなるわよ」と(^^;;
今回着ることが出来て良かったですw

帯や帯締めによっても印象がかなり変わるので、
色々と合わせて選んでいくのは、とても楽しかった。
今回は撮影だけのほんの数時間しか着なかったので、
秋のお詣りにもまた着たいなーと思ったり。。。

って、娘の七五三なのに、着付けやらヘアセットやら
一番私がお金がかかっているというσ^_^;
自分で着付けが出来るようになりたいなぁと改めて思ったのでした。


さて撮影は…
友人の息子くんは男の子なのにとってもキレイでスッキリしたお顔立ち。
一方うちの娘はムチムチで(//∇//)
はたしてちゃんとモデルが務まるのか心配でしたが…

プリンセスが大好きな娘。
人生初のヘアサロンで、たくさん髪をカールしていただくと
「わぁ〜☆」と目を輝かせ、完全にお姫様気分。
想像以上にいい子でお座りしていられて、皆さんにも褒めていただき…

撮影も思ったよりもスムーズに進んで、子どもらしい表情が撮れたと
カメラマンさんにも喜んでいただけました。

子どもたちもそれなりに楽しんだようだし、
親たちも携帯片手に盛り上がったのでした(*^o^*)


以前、宮本さんからお聞きしたお話で、ドイツでは
「3歳までに子どもは全ての喜びと感動を親に与える」
と言われているそうです。
つまり、それ以降は喜びや感動は少ないかもしれないけれど、
どんな困難があっても乗り越えなくてはならない、
という親への戒めなのですが、
まもなくその3歳を迎えるにあたり、少々恐怖もあったり…(^^;;

まぁでもここまで無事に成長してくれたことは、素直に喜びたいですね。
親としても成長出来ているのか、自問自答、試行錯誤の日々ですが、
引き続き、困難も笑いに変えられるくらいの強さをもって
頑張りたいと思いますo(^▽^)o

«自由が丘スイーツフェスタ2017…