無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月24日 (水)

頭の中は大忙し…

先週あたりからCMが流れ始めましたね。



ディズニーピクサーの最新作「インサイド・ヘッド」。

“頭の中の感情たち”が主人公だなんて、なんて斬新で夢があるんでしょう。
発想が…さすがだなーって。


言ってみれば“感情たち”が、その人を育ててくれている。

自分もそうだけど、ムスメの頭の中でも…
こんなことが繰り広げられているとしたら…


なんだか色々な物事を“感じる”ことが、
これからより楽しみになったように思います(≧∇≦)

期待を裏切らない、かわいくってちょっとホロっとしちゃう作品です。
いや、私は結構、涙しちゃいました(^^;;


そして、実は私が毎回楽しみにしている同時上映の短編。
こちらも、ステキな作品でしたよ☆
特に今回はハワイが舞台ということで、期待していましたの(^-^)

短編でもギュッとメッセージが込められていて、
例に漏れず秀逸なディズニーピクサー作品でした。


映画「インサイド・ヘッド」(同時上映「南の島のラブソング」)は、
7月18日(土)から全国ロードショーです。

2015年6月20日 (土)

梅の季節…

今日は朝から司会のお仕事でしたー。
この時期に収穫出来る梅の実を使っての、
梅酒作り体験セミナーの進行役です。

リハを入れて4回まわし、という結構ハードな現場なんですけれども(≧∇≦)
その分終わってからのやり切った感は凄まじい。笑
とてもやり甲斐があります(^-^)

去年は産休中でお受け出来なかったんだけれど…
今年またやらせていただくことが出来て、感謝感謝です☆


実は毎回楽しみにしているのが…お土産( ^ω^ )

セミナー内で作った梅酒や梅酒関連商品をいただくんですが…
今年はこんなものまで☆



フランス産ブランデーを使用した梅酒。
もう…ボトルからすでに“美味しいオーラ”出てます(≧∇≦)

セミナー参加者全員へのお土産なんですよ。
豪華でしょぅ?!
皆さん大満足でお帰りになられたようでした(#^.^#)

もちろんワタクシも…
くぅー楽しみだなぁ〜♬♬

ありがとうございましたッ!!

2015年6月19日 (金)

よんでいる…

今日もアフパラにお付き合いくださった皆さま、
ありがとうございました(^-^)

ヘンな緊張感もありつつ…私だけ??笑
でも因幡さんのステキな朗読が聴けたし、
リスナーの皆さんも楽しんでくださったと思います!

来週も是非お付き合いくださいませね♬♬


さて今日は、朝一で美容院へ行き…
思ったより早く終わって、せっかく表参道まで来たし、
ちょうど雨足が強くなったところだったので雨宿りがてら…
一人ランチしてきました〜(o^^o)

昔何回か行ったことがあるお店と完全に勘違いして入ったんだけど
(正解は原宿にあるお店でした。笑)、
美味しかったし、雰囲気も良くて、結果いい時間が過ごせましたよ(^-^)


ハワイ島のヒロにあるお店の日本店☆

ハワイが私を呼んでいるー(≧∇≦)


モチコ(餅粉)チキン食べて、
ランチセットには豪華にコナコーヒーが付くって言うので、
デザートにアイスもいただいてきましたの。

コーヒー付きだからアイス追加って…??
まぁ細かいことは、気にしない気にしない(^^;;


都内では珍しく、HiloHomemadeIcecreamを置いていて。
たまたま店員さんが、今日は色々入荷してるので良かったらどうぞ〜
と勧めてくれて、チョコレートアイスにマシュマロが入った
私的には超ゴールデンコンビ☆の“RockyRoad”を注文。

いやぁ美味しかったですぅ〜( ^ω^ )




HiloHomemadeIcecreamは鵠沼海岸にお店があるのです。
週末だけ店頭で買えるんだけど、よく行列出来てるよ。

完全手作りで日持ちしないこともあって、置けるお店が限られるんですね。
湘南エリアでは置いているお店が多いけど、
都内で珍しいのはそれが理由です。

ヒロに本店があるお店同士ということで、
少しずつだけれど入荷しているそうです。
こちらのお店を通じてHiloHomemadeIcecreamのファンになった
というお客さんも多いそうで、どんどん輪が広がっているのが嬉しい、
と店員さんがお話していました。


初めて行ったお店だったのに、私が湘南に住んでいると言ったら、
親近感を覚えてくださったみたいで、わりと話し込んでしまった。笑

店内ではハワイアンのBGMや、メリーモナークの映像が流れていました。
チャラチャラ気取った感じのお店じゃないところも良かったかな。
また行きたいと思います♬


ハワイが私を呼んでいるー(≧∇≦)

2015年6月17日 (水)

振り返り…

こないだ、まるちゃんが今年前半の振り返りをしていて。

…ってお友達じゃありませんが。笑
国民的アニメの主人公の、まるちゃんです(o^^o)

小学生なりの“振り返り”がとっても微笑ましく、
「オトナになってもさして変わらない」なんて思ったりしたのでした。


そう。
今年も半分が終わる訳ですが。
どんな上半期でしたか??


私は改めて…子育てには“タイ力”が大事だなって。

“忍タイ力”と“身タイ力”。

実は先週ムスメが39度以上の高熱を出して、それが丸4日続いたんですね。
まぁ先輩ママたちから聞いていたので、来た来た…
という感じだったのですが。
さすがに、抗生物質飲んで坐薬も投薬してるのに、
39.3度ってどういうことよ?!とビビりましたゎ(^^;;

でもまぁお薬飲んで、当然お医者様にも診ていただいてるわけだから、
ここは神様仏様、何よりムスメを信じるしかないッ
と、ジタバタせずに耐えたワケです。

ま、こんなことくらいじゃ、
偉そうに振りかざせる忍耐力とは言えませんけど(^^;;

でもちょっとやそっとのことで動じない精神力って言うんでしょうか。
命にも関わる子育てで日々鍛えられているお陰か、
その他のシーンでも、以前に比べれば僅かながらに
それは発揮出来ているようで、母は強しって
こういうことを言ったりするのかなって思います。

そして子どもは常にMAXの感情をぶつけてきます。
それを受け止めるのは、やっぱりMAXの器でありたいって思うんですよね。
あくまで理想だけど。

その分ね、子育て以外のシーンでは、なるべく〜、
穏やかに、波風立てずに、余計なエネルギーを使わないよ〜に、
感情コントロールしてるんですよ。
というか出来るようになった、無意識に。笑

…分析していくと、面白いわね(^ω^)


と併せて、先週なんかは夜中もちょこちょこ起きてムスメの様子見たり、
日中は日中で看病したり病院連れて行ったりバタバタしたんですよね。

身体が資本だなーって、つくづく。
やっぱりちょっとしんどかったから。。。(。-_-。)

実は私自身、昨日病院で大した診察も無しにあっさり
「シロでしょ」って言われて、そうか…と思いつつ、
けどまだどこかで「クロ」だと疑っている症状があって、
でも実際のところ「母さん、こんなことでへこたれていられない!」と、
気合いを入れ直したところでもあるのです。


まだまだ続くよ、子育ては。




一歳になったムスメとは、言葉は交わせないけど、
声と表情とジェスチャーによる立派な“会話”が出来るようになりました☆
言葉に頼らないコミュニケーションは、とてもとても楽しいです(^-^)

言葉はこれから発するようになるけど
(もうかなり覚えてはいると思う、音声化出来ないだけで)、
“ありがとう”と“ごめんなさい”はきちんと言える人になってほしいな。

オトナになればなるほど、照れ臭かったり言いづらかったり、
伝わってるのか伝わってないのか分からなくてもどかしかったりする言葉。
相手があってのことだから当然なんだけど。
そもそも自分のことを受け入れてくれていなかったら、
そんな言葉は届くどころか宙を彷徨うだけだし。
哀れだなー

でも言うべきと思った時には何度でも言おぅ。
私がムスメにその姿勢を見せることが大事だし、
もちろんムスメに対してもそうでありたいな。


ま、いずれにせよ…

“タイ力”をキーワードに、まだまだ続く子育てしかり、
仕事にプライベートに、これからも楽しみながら頑張りたいですo(^▽^)o


以上、今年前半の振り返りと後半の豊富でした!笑


よぉし、今日も頑張るぞー

2015年6月 9日 (火)

何を積むかは…



斜に構えず、素直に観ていただきたい作品です。


“夫婦の理想像”ってどなたにもあると思うんです。
でも、それを現実に、となるとなかなか思うようにはいかないもの。

だって、人間は細かく細かく分析すると、
一日に何千もの感情を覚えるそうで、
たとえ一緒に生活している家族と言えど、
その感情が真逆の時だってあるわけです。
そりゃあぶつかったり、すれ違ったりもします。
それは夫婦に限らず、親子もそう。

いつもいつもうまくいくわけじゃないけれど、
でも出来る限り、気持ちのいい関係を保つために。
自分の気持ちや考えをどれだけ伝えられるか、
しかも思いやりを持って。コツコツと。笑

ま、それも…というかそれが、難しいんだけど(^^;;


そして、少しのユーモアエッセンスを加えられれば、
生活に彩りが増すかもしれない…

うん、やっぱり理想は理想かな(^◇^;)あはは。笑


大ベストセラー小説の映画化です。

映し出される景色と、そこに流れる音楽が、とても美しい。

映画「愛を積むひと」、来週20日(土)から全国ロードショーです。

2015年6月 6日 (土)

一言物申す…

先月行ったルーヴル美術館展は、とても混んでいたんですね。

久しぶりに、人混みをかき分けて作品を観る、というような状況で。
まぁそれはお互い様だからしょうがないのだけど。

でも、なぁんだかいつになく、とてもザワザワしてまして。
気になってしまったのです。
要するに、話し声が、なんですけど。

あ、でもね、作品について話してるなら良いんですよ。
その時の熱量で誰かと語り合いたいことだってあるじゃありませんか。
だから、それは良いんです。
拡声器で話し合ったりするようなことでなければ。笑

そう、だから内容ですよね。会話の。

税金対策だとか、娘が結婚しなくて困るとか…
そういったことを今ここでどうしても話さなくちゃならない理由って…
あるのかな、って。笑
観終わってからお話したら?と心の中で突っ込むシーンが、
先日は何度もありました( ̄ー ̄)
なかなか…珍しいことでした。


それから。

学生と思しき青年が一人で鑑賞していたんですね。
それはとても好感が持てたんですけど。

スマホをですね、構えてカシャッと…!(◎_◎;)

作品ではないんです、概要の説明文をね。
ビミョーなラインではあるんですけど。笑
どうなんでしょうね。
ああいった展覧会って基本的には撮影禁止です。
で、何か覚え書きをしたい人のために大抵鉛筆の貸出なんかしています。
私も、ちょこちょこメモします。
スマホで撮れたら、そりゃあ楽ですよ。
年齢重ねればよりラクしたくなりますし。
色々煩わしいことだって増えるんですから。身体的な衰えに伴ってね…

だから余計に、若者にはねぇ
是非そんな労を惜しまず、せっせとメモ書きして欲しいなって。

ちょっと、いやとても、残念なシーンでした。


…っと。
“物申す”のコーナーみたいになっちゃっな。笑

宮本文昭さんとお届けしている「宮本文昭の音楽、雑学、人生楽」は、
4月からリニューアルして“一言物申す!”というコーナーも出来ました。

宮本さんが(たまに私も…)一言物申したいことを語るコーナーですが…
リスナーさんからも受け付けています。

怒りや不満だけでなく問題提起、はたまた
「こんな素敵なことがあったの、聴いて!」なんていう
ハッピーなお話ももちろんOK☆

是非お寄せください♬

メールの宛先は
gaku@musicbird.co.jp

その他、番組のご感想、日々の出来事などなど、
たくさんのメッセージお待ちしております(^-^)


ではまた明日12時にお耳にかかりましょう♬

2015年6月 3日 (水)

200万年の傑作選…

昨日は東京都美術館で開催中の
「大英博物館展ー100のモノが語る世界の歴史」へ。




身の回りを見てみると…本当に、あらゆる“モノ”で溢れかえっています。

クローゼットやタンスの中…しばらく着てない洋服も(^^;;
普段持っているバッグの中は…マネージャーからは、
何入ってるの?っていつも言われます(^^;;
冷蔵庫の中も…今朝、賞味期限切れの調味料捨てました(^^;;


でもね、無駄なことばかりじゃないのですよ、当然だけど。
あらゆる“モノ”が、あらゆる歴史を伝えてくれているのです。
そして言ってみれば“モノ”そのものが、人類の歴史なのです。


…スゴイな。
と自分で言って思ってしまう(^^;;


実は人類は、文字を持たなかった頃から“物”を作っていました。
そしてこの物作り、“言葉”と同じ脳の領域を使うそうです。
つまり、言葉の発達は必然だったと言えます。


今回展示されているのは、200万年前の石器から現代のソーラーパネルまで。
大英博物館が所有する100の“モノ”を通して人類の歴史を巡ります。

ソーラーパネルを展示品として観るのは不思議な気がしましたが、
もっと後の時代の人たちは、こういうものを過去の産物として
感慨深げに眺めたりするのかもしれません。

100の展示品、って結構見応えありそう…なんて思ったけれど、
200万年の時を振り返るのに、100という数は、
ごくわずか、と言うべきでしょう。


今回は説明がとても分かりやすく丁寧で、すごく勉強になりました。
それぞれの展示品に付けられたキャッチコピーも、
捻りが効いていて良かった☆


気になったのは…

紀元前3100年頃の粘土板。
楔形文字で古代の給与について記されています。
こんな頃から給与体系が整っていたのも驚きなのですが、
その対価は…なんと、ビール!
羨ましい( ^ω^ )

でもこの頃はまだ平和だったのかも。

今回話題になっている展示品の一つ「ウルのスタンダード」など、
紀元前2500年頃には、争いについて記されるようになります。
文字ではなく絵で描かれています。

そして紀元前550年頃には権力の象徴でもある貨幣が生まれます。
文明の発達と共に豊かな暮らしを手に入れる反面、
人々は国や宗教などで対立していくのです。

また当然ながら物の素材も時代と共に変化し、
1860年代後半から作られるようになった「バッジ」は、
安価なプラスチックが用いられ簡単に処分でき、
さらに短期間だけ強い意味を持つモノとして、
“使い捨ての始まり”と位置づけていました。


生きるための生活必需品から、華やかな装飾品や芸術品、
誰かを攻撃し自分の身を守るモノ、
そして、捨てられることが前提とされたモノ…

なんだか複雑な気持ちになってしまったのは私だけでしょうか。。。


東京都美術館で6月28日(日)まで開催です。
東京の後は福岡、神戸と回ります。


そして今回は、各美術館で101点目のモノを選び展示しています。
東京都美術館が選んだのは…是非ご自分の目でご覧になってください。

私が感じたモヤモヤは、この101点目で少し軽くなったように思います。
人間はちゃんと意味のあるモノを生み出しているんだな。
それを確かめることが出来て、少し嬉しくなりました。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »