無料ブログはココログ

« ゲストは中島卓偉さん… | トップページ | 耳の日であり桃の節句… »

2017年2月27日 (月)

映画「モアナと伝説の海」…

ディズニーの最新作「モアナと伝説の海」を、
一足お先に観てまいりましたっ(≧∇≦)



噂には聞いておりましたが…裏切りませんねぇ☆
いや本当に。

自宅ではなくちゃんと大画面で観たディズニー作品は、
実はアナ雪が最後なんですけど、
その時に、登場人物の肩にソバカスがあることにビックリしまして(笑)
そのことはこのブログにも書きましたが、あれから3年ですか。
アニメーション技術の進歩たるや留まるところを知りませんね。


今作では肌の(やっぱりそういうところに目がいってしまう(^^;;)
肉感って言うんでしょうか、もうそれは全く表面的ではなくて、
ちゃんとお肉と骨と、そして血が通っていることを感じさせるんですね。
肌のハリやシワ、その感触だけでなく、体温まで想像させる。
登場人物が手を取り合えば、それがどんな感触で、
どんな温かさなのか、想像できちゃうんですよ。

本当にすごいことです。


健気で正義感の強い女の子が挑む、壮大な冒険の物語。
感動要素は申し分なく(笑)、私は何度もウルウルしてしまいました。
なんだかもう母親の視点で観ちゃってるんですよね、
涙腺緩んでしまって(*^ω^*)

ポリネシアの歴史や神話を題材に描かれているのですが、
全てのものに神が宿り、神々と共存する文化が今も根付いているからこそ、
ファンタジーでありながらとても説得力があって、
これだけのスケールになったのではないかなと思います。


そして「海は、隔てるものではなく、繋ぐもの」

この作品の大きなテーマです。
現実には様々な問題がありますが、まずは、基本は、ここですよね。

そういえば…本棚で眠っている「楽園考古学」を、
また読んでみたくなりました(#^.^#)


そしてそして、アナ雪に続けとばかりに力を入れた、と思われる、
音楽も、素晴らしかったです。
メインテーマ曲はもちろんですが、全体的に良かった、
とても“バランスよく”良かったなという印象です。

今夏あたりは、このサントラからの一曲で踊る
フラやタヒチアンのチームも多いのではないでしょうか。
リロ&スティッチのサントラはもう定着したと思いますが、
同じように人気が出そうです♫


ディズニー作品では長編と同時上映される短編も、
私は毎回楽しみにしているのですが、
今回はちょっとシュールでユーモアのある作品でした。

いちビジネスマンが、ありきたりの人生ではなく
これはモアナにも通じますが、「自分の心に正直に、一歩を踏み出す」
その勇気を持つことと、その先に見える新しい景色を期待させてくれます。


映画「モアナと伝説の海」はいよいよ3月10日から、全国ロードショー。

今日発表されたアカデミー賞は惜しくも受賞は逃しましたが、
授賞式では主題歌のパフォーマンスがありましたし、
まだまだ話題と人気は続きそうです。

これは是非とも映画館で!!絶対に損はしないと思います。
私ももう一度観たい…(*≧∀≦*)


いやはや試写会に行ったのも久しぶりでしたが…
映画って、いいですねぇ(笑)

今年はたくさん映画を観たいと思いますっ!!

« ゲストは中島卓偉さん… | トップページ | 耳の日であり桃の節句… »