無料ブログはココログ

« ミュシャ展… | トップページ

2017年6月10日 (土)

映画「光」…

先月開催されたカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品、
エキュメニカル審査員賞を受賞した映画「光」。

河瀬直美監督の作品はなんだかんだでよく観ていて、
産後初めて一人で映画館で観た映画が、一昨年公開の「あん」。
そして、それ以来で一人で映画館で観た映画が、今回の「光」でした。

もちろん試写会に行かせていただいたり、DVD借りたり、
映画自体は観てるんですけど。
圧倒的に以前に比べて、年間鑑賞数は減ってしまったなー
でもなんとなく、今年から少しずつ戻していけそうな気もしています。


もとい「光」。

視力を失いつつあるカメラマンと、
映画の音声ガイド制作に携わる女性を中心に、物語は進んでいきます。


ガイドの仮入れのシーンでは、こういう音声の入れ方、読み方なのかぁ
なんてぼんやり思っていたのですが、
ってちょっと職業病ですね…そういうところが気になってしまう(^^;;
でも、いよいよクライマックスの本編では、
本当に素晴らしい音声ガイドが入っていて、私も目を閉じて聴きました。
そうしたくなったんです。
映画を観ないなんて…もったいない??
いやいや、ちゃんと“音”で観させてもらいましたから(^-^)


実は少し前まで、友人の会社のお手伝いで、
書籍の中の挿絵を文章化するお仕事をしていました。
その本を目の不自由な方にも読んでもらうために、
文はもちろん、全ての内容を音声化するもので、
その読み上げる文章を作成するお仕事、だったんですね。

挿絵、つまりイラストや図、表などの情報を、あくまでシンプルに、
でも内容が分かるように文章にする。
そこに主観は当然必要なくて、事実を述べる。
でも想像出来るように。

慣れるまではなかなか難しい作業でしたが、とても勉強になりました。


映画「光」には、実際に盲の方が出演されていて、
目が見えない人たちがどんな風に映画を“観る”か、“感じる”か、“愉しむ”か、
というお話をされます。
それはきっとシナリオではなく、その方の率直な言葉だったと思うんですね。
心に強く残ったシーンでした。


ただいま絶賛公開中ですので、あまり多くは語りませんが…
ラストシーンもとても素敵でした。

観てからもう数日経ってますが、まだまだじわじわしてます(≧∇≦)


« ミュシャ展… | トップページ